*DOLCE*

dolcediary.exblog.jp ブログトップ

サロン・ド・フロマージュ

昨日はチーズのお勉強会に行ってきました。
アミューズから始まって、デザートまで珍しいチーズや貴重なチーズを
何種類も頂きました。
教えて下さったのは寺山恵子さんとおっしゃる方で、チーズ好きが高じて
一年の半分くらいはフランスの田舎の牧場で山羊を飼ってチーズを作られているという
素敵なマダムです。フランスやスイス、イタリアでもチーズについて勉強会を開いていると
いうくらいのプロフェッショナルです。(日本人が相手じゃないところが凄い!!)

昨日頂いたチーズすべてではないのですが、何種類かは
寺山さんご自身が育てた山羊のミルクから作ったチーズで
それらは、最高に美味でした!たぶん、今まで私が頂いた中で
一番だと思います。

美味しいチーズを作るためにはまず、それを生み出してくれる
山羊を健康でストレスのない状態にしてあげなければいけないのだそうで
餌や環境など・・・本当に山羊の気持になってお世話してあげなければ
いけないのだそうです。d0149738_17412232.jpg

アミューズ5種
5種類のチーズの盛り合わせです。
d0149738_17325333.jpg


このカーネーションの花のように見えるものもチーズなんですよ!
綺麗でしょう!プティー・アグールというチーズですが円柱状のチーズで
ジロルという道具を使ってクルクルと薄く削りだすとこんな風にフリフリの
お花のようなチーズが出来上がります。このチーズの下にひいてあるのは
マルメロ(かりんの仲間)を羊羹のようなパテにしてチーズと一緒に頂きます。
マルメロのはパテが甘酸っぱくてチーズの塩気ととってもいいかんじの
バランスになります。
d0149738_17453827.jpg

アミューズの次はフロマージュのプラトーで7種類のチーズを頂きました。
桜の葉のシェーブル(寺山作)は桜餅のあの桜の葉の香りがチーズにほんのりと
移って香り豊かなものになっていました。
d0149738_17494430.jpg

シェーヴル・ア・ラ・タプナードというチーズで先ほどの寺山作のシェーブルの間に
タプナードをサンドして作られたチーズです。
d0149738_17504610.jpg

下のチーズはサンネクテールフェルミエというチーズで、なんとこのチーズ鼻先に持ってくるとぬか漬けの古漬けの香り・・がします。口に入れるとお味も古漬けに近い感じでフランス人の味覚も日本人の味覚も近いものがあるんだなぁ~~と感心してしまいました。
d0149738_2192079.jpg

まだまだ続きますが、今日はこのくらいで・・・・続きはまた!
[PR]
by D-O-L-C-E | 2008-01-25 18:01 | チーズ

毎日のくらしの中のささやかな出来事を綴っています。


by D-O-L-C-E
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31