*DOLCE*

dolcediary.exblog.jp ブログトップ

ストーリーのあるパン1♪

先日、アンデルセン童話がモチーフになって作られたパンをみつけました。
『すずのへいたいさん』というお話です。
d0149738_14311174.jpg

こんな風に可愛いねずみ!?
・・・みたいな兵隊さんのモチーフですよねぇ~(>_<)
が4人整列しているものと、2人のものがありました。
ねずみ(兵隊さんモチーフ)部分はブリオッシュ生地、
ベースは杏ジャムがのっかっているカスタード入りデニッシュです。 
d0149738_14354742.jpg

美味しく頂きました(^_^)v
・・・で、「すずのへいたいさん」??どんなお話だったかしら???
気になったので『すずの兵隊さん』の絵本を読んでみました。
『すず』…鈴…・??? あぁ~~、錫(ピューター)のことだったのねぇ~^_^;
『錫の兵隊さん』ですね!(^-^)

お話はとってもせつないお話でした。

クリスマスプレゼントに贈られた錫の兵隊さんの一人が
(彼だけは片足でした。昔はこういうおもちゃは古い錫のスプーンを
材料として作られることが多かったので、最後の彼の片足分だけ
材料が足りなくたったのです(T_T)
紙でできた美しいバレリーナに恋をします。
そのあと、片足の兵隊さんには数々の不幸が襲いかかるのです。
( ○窓辺に飾られていて風で窓から落ちる
  ○いたずらっ子に紙の船に乗せられて下水に流されてしまう
 ○下水の中でどぶねずみに襲われそうになる・・・・・ )

その他にも、まだまだあってようやく元いたお家に帰ることが
出来ます。それもつかの間、暖炉に放り込まれてしまいます。
兵隊さんが燃え尽きようとしているその時に、風が吹いて
バレリーナも暖炉の中にひらひらと飛んでしまいました。
あっという間に、紙のバレリーナも燃え尽きてしまいました。

次の朝、暖炉を掃除していたお手伝いさんが
錫の兵隊さんがハートの塊になっているのを見つけました。
そして、その横にバレリーナのベルト飾りについていた
キラキラの飾りが黒くなって寄り添うようにありました。
  
とってもせつないお話です。  ハンス・クリスチャン・アンデルセン お話
                    フレッド・マルチェリーノ         絵

                    『すずのへいたいさん』
是非、読んでみてください。

つづきがあります。
[PR]
by D-O-L-C-E | 2008-06-17 15:31 | お菓子

毎日のくらしの中のささやかな出来事を綴っています。


by D-O-L-C-E
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31